skip to Main Content

英語が話せる国内シェアハウスで私がLOCALIFEを選んだ3つの理由。

========================= 運営側より(青字部分) 2018年10月より入居したKobaken. 「どうしてLOCALIFEを選んだのか」という記事を書いてくれるというので依頼させてもらいました。 以前かなりのPV数があった自身のBlogを書いていた経験があると言う彼。さすが!よくネットで読む記事風にまとまっております! 一つひとつの選択をよく考えてするタイプの彼は何を考え、入居に至ったのでしょうか!入居前から執筆時入居後3ヶ月目になる彼の視点でLOCALIFEをご紹介いただいています =========================   こんにちわ^^ 10月頭から溝の口のローカライフに住み始めた小林と申します。       フランスに1年住んでて今年(2018年)の7月末に帰国し、外国人と交流、英語を話すきっかけになるシェアハウスを探してました。 ネットで検索すると、すげーいっぱい出ますよね。 日本国内で国際シェアハウス増えましたよねー。   最初にローカライフに内見に行ったんですが、間違いなく私が住みたいところはここだなと思い入居を決めました。 いろんなコンセプトの英語シェアハウスがあると思いますが、今日は悩まれている方向けにどうしてローカライフにしたのか書いていきたいと思います。参考になればと思います^^   その1:英語を話す量が圧倒的に多い。 ローカライフの仕組み(詳しくはこのページで説明しています)的に間違いなく、ゲストと喋った方が話す量が多いなとも思いました。   僕も語学力向上のためにフランスにいた時は住居はホームステイにしていたのですが期待していたほど伸びませんでした。   もちろん外国人と一緒に住んでいたので、喋るきっかけはありましたが毎日一緒に住んでたら会話ってマンネリ化してきませんか??     ローカライフは毎回異なる外国人ゲストが来るので会話も弾みます。 しかも素敵な人ばかり^^     家にいながらめちゃくちゃ英語が話せるこの環境最高です。   量もさながら質もです。日常生活の延長のなんとなくの会話の多くは他の住人と日本語が多く、 異なる文化や、テーマ性を持った会話はきているゲストとじっくりできます。   英語のモチベーション向上にもさらにバッチリです。ゲストと関われば、かなり英語漬けな日々なので、 「更に英語うまくなりたい!」という素直な気持ちになると思います。  …

Read More